FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢日記 1

土竜になる魔法をかけられた

その魔法がとける前に逃げなければいけない

大切な人をふりかえる

みんな魔法がとける前に逃げようと必死だ

人の波がおしよせる

皆、まるで土竜になって嬉しいみたいだ




追記を表示

春風


深くすいこんだものが

胸につまるのは



君がくれた景色と

君がくれた言葉と

君と歩いた路が



僕の中に

そこかしこに

詰まっているから



紙切れ1枚で

僕らは離れてゆく



それがあたりまえで

終わりがくることなんて

はじまる前から知っていた



それでも

すべてがおわるまで

みえないものとして

過ごしてきたから



思い出の彼方になっても

まだこんなに

苦いんだ



街の片隅で

深呼吸をする

その味が…












追記を表示

さいごの時

何年後

何十年後

この身体が朽ちる時

僕は何を描くだろう

途方のない毎日を

泳ぎきった先にみえるのは

光だろうか

暗闇だろうか

みえないから

みえないからこそ

想像が先をいく

レンズが滲むような

泥のような世界

その時に

笑えるのだろうか


追記を表示

よく

君はしっているだろうか

僕の中の

とろりとしたモノを

目を

背けたくなるほどの

この

願いを

おそらく

知らないだろう


それでいい

僕がいなくなるその日まで


君はなにも知らず

羽ばたいていてほしいのだから

言の葉

あの頃僕は

指から溢れる音の意味を

わかっていなかった

それが貴方を傷つけていたとしても

ソレが僕の音だった

振り返ればわかるのに

今の僕が今の音を省みれないように

僕の音がわからない

細い貴方の言の葉に

僕がぶつけた音は

鋭く響いては

貴方を責めていたことでしょう

今ならば

もっとやわらかい詩を届けられるのに


そう

イマにして今を想う


ただ貴方へ贈った鋭利な音を

僕は頭を垂れて振り返る…




追記を表示

For YUKI

私の心に

一筋の光をくれた

大切な方へ。

追記を表示

おはようございます


なんだか無性に実家に帰りたい私です




追記を表示

なんてことないのに


久しぶりに日記を書いてみようかと。

追記を表示

私信

風見音呼 様

追記を表示

お久しぶりです

えーと…

更新どころか管理ページすら開いてなかった水瑞山です

そして

5月のキリバンの報告してくださっていたのを、今気付きました

申し訳ありません

以下お返事です

追記を表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。